> 総量規制のルールの下、年収200万で借りれる金額

総量規制のルールの下、年収200万で借りれる金額

手元に現金が少ないときなどにとても役に立つ存在なのが、
消費者金融のキャッシングや信販会社のクレジットカードです。
キャッシングでは簡単な利用申込みをするだけで現金を借入れることができますし、
クレジットカードを使えば欲しい物を手に入れることができます。

そのため、キャッシングやクレジットカードはまるで
自分のお金を使っているように錯覚してしまうがちです。
しかし、あくまでも消費者金融や信販会社からお金を借りているに過ぎません。

利息が収益になる

消費者金融や信販会社は消費者に対してお金を貸し出し、
その利息を取ることで収益を上げています。
収益を上げていくにはどんどんと消費者にお金を貸し出すのが一番なのですが、
貸し出しに関しては法律によってその上限が決められており、
無理な貸し出しはできないことになっています。

消費者金融や信販会社などの業務を規制するために
設けられているのが貸金業法という法律ですが、
そのなかに総量規制という規則があります。

年収の3分の1までという制限

総量規制ではキャッシングやクレジットカードの利用による貸し出しを、
消費者の年収の3分の1までという制限が定められています。
そのため、総量規制による貸し出し上限を超える金額を
すでに借り入れている消費者に関しては、
それ以上の新しい借入れは不可能となっています。

具体的な説明をしてみましょう。
年収200万の人が消費者金融や信販会社から借入れられる金額は、
業者によってそれぞれその上限額に違いはありますが、
年収200万の3分の1である60万円前後の額となります。

銀行のカードローンは総量規制の対象外

また、基本的なことですが総量規制は貸金業法による取り決めですので、
銀行で融資を受ける場合には、総量規制の対象外となります。

しかし、そういった具体的な規制がない分、審査そのものが厳しい傾向にありますので、
消費者金融や信販会社で申し込みをして、審査に通らなかった場合に、
銀行で審査を通過できるケースは非常に稀なケースだといえます。
さらに即日融資であれば、消費者金融のほうが対応している業者が多いのが現状です。

参照借入とは